口の悩み

あるアンケートで、約7割もの人が口の中に関する悩みや不安を持っているという結果が出ました。厚生労働省の調査によると、驚いたことに、約70%の人が口のなかに関して悩みや不安を持っています。その悩みを解決する役割を担うのが歯科医や歯科衛生士、歯科技工士というわけです。

たとえば、歯がぐらついたり、歯ぐきから血が出たり、はれたりするという悩みは、歯周病と関連があると考えられる症状です。この問題を解消するには歯石を取ることや、正しいブラッシングをすることが重要。どちらの方法にしても歯科衛生士のサポートが欠かせません。

歯が痛くなったり、しみたりするのであれば、虫歯がある可能性が非常に高いです。虫歯を直すには歯科医の治療が必要不可欠です。しかし、虫歯の予防となると歯科衛生士が大きく関わってきます。歯科衛生士がブラッシングの指導をしたり、フッ素の塗布などをすることで虫歯を予防することが出来ます。

さらに高齢になると、義歯を使う人が増えます。最近の研究で、歯の健康が体の健康にも影響があることがわかってきています。したがって、高齢者の健康を維持するためには、義歯や入れ歯をつくる歯科技工士の活躍が欠かせないといえるでしょう。