口は他とは違う特殊な器官

歯科衛生士は歯科医院でブラッシング指導や虫歯予防など口の中に関する業務を行っています。この口の中(口腔)は、少し特殊な性質があります。

さまざまな治療法などを見ていくと、口の中がどのように特殊であるのかわかってきます。

何よりもまず、口の中には歯が生えています。歯というものは、人の組織としてはだいぶ特殊な存在です。身体の中でも一番硬い部分であり、歯が折れるなど組織が失われた場合、自力で再生することは出来ません。

歯以外にも、骨のような硬い組織はありますが、骨の場合は折れたとしても再生することができます。これに対して、虫歯などで歯がかけてしまった場合は歯科医院で治療してもらわない限り、もとの形に戻ることはありません。歯科衛生士の仕事とはこうした歯の特徴は、

再生できない歯をもとの形に戻すためには、人工の材料が活用されており、現代ではさまざまな人工材料が使われています。

たとえば、虫歯治療には金属系やプラスチック系などの歯の充填剤が使われ、歯科医師が患者の症状や体質等を考慮して適切な人工材料を選択します。

虫歯の除去の際には歯を削らなければなりませんが、治療のために健康な歯を削ることもあります。万が一、健康な歯を削りすぎてしまっても再生することがないため、慎重に作業をする必要があります。