歯科衛生士の歯科診療補助

歯科衛生士は、歯科医の指示によって医療行為をサポートする「歯科診療補助」を行います。この診療補助としてできる業務は、必ず歯科医の指示の下に行われる必要があります。司会の指示なしに機械を使用したり、薬品を投与したりすることは法律で禁止されています。

細かい業務範囲は、歯科衛生士各人の能力や、勤める歯科医院によってまちまちです。当然、町の診療所と大病院では診療補助の内容に違いが出てきます。

歯科衛生士の具体的な業務内容には、診察室の掃除や受付事務、診療報酬の請求事務、器具の滅菌・消毒、診療機材や器具の準備、器具の受け渡しなど多岐にわたります。

たいていの歯科医は、多くの患者を抱えているため、すべての治療や処置を自分だけで行うとしたら非常に大変です。手がまわらないことも考えられます。また、患者を長い時間待たせてしまうこともあると思います。

歯科衛生士に出来る業務や、ブラッシング指導などの歯科衛生士がやるべきだと思われる業務は、手の空いていない医師よりも歯科衛生士が丁寧に行ったほうが患者にとっても良い事だといえるでしょう。

また、医療の発達により、歯科衛生士が学ぶべきことも増えています。補助業務だけでなく、常に知識を身につけることも歯科衛生士の重要な業務です。