歯科衛生士の歴史とは

理学療法士や作業療法士は、法制度がととのう前に、リハビリテーション従事者による学会がありました。このように、資格が出来た後で、現場の要望によって新たな方が成立するケースは非常に多いです。

一方、歯科衛生士は、法律が定まる前は歯科医院等で働くことはありませんでした。しいていうなら、歯科医師を目指している歯科書生が、診療のサポートをしていたくらいです。また、予防処置を行う歯科衛生士という職業自体にも、社会的なニーズがほとんどなかったといいます。こうした背景があり、歯科衛生士は通常の医療従事者とは少し異なる形で発展してきました。

歯科衛生士のための法律である「歯科衛生士法」が制定されたのは1948年のこと。日本は第二次世界大戦終戦後の復興の真っ只中でした。そんな中、GHQが日本の公衆衛生の状況をよくするよう指示し、1947年に保健所法が改正され歯科衛生が保健所の業務となりました。これにより、多くの歯科衛生士は保健所で働くことになったのです。歯科医院に勤務する現在とは全く違った状況ですね。

その後、歯科衛生士の養成機関がつくられ、人数も増えていきましたが、保健所で必要な人員はそれほど多くありませんでした。そのため、すぐに人員が飽和状態となり、歯科衛生士が知識や技術を生かせる場があまりなかったといいます。