ワイヤーの下

今歯と歯肉の境い目とワイヤーの下をていねいに 汚れがたまりやすいのは、歯と歯肉の境い目とワイヤーの下です。歯と歯肉の境い目は、そこに歯ブラシの毛先を四五度の角度で押しつけ、毛先を動かさず小刻みに振動させるようにします。ワイヤーの下を磨く場合は、歯ブラシの前三分の一の毛先をワイヤーの下に入れ、細かく30回くらい動かします。歯ブラシの方向は、縦、横、斜めやりやすい方向でOKです。歯ブラシではうまく磨けない場合、歯間ブラシの毛先をワイヤーの下に入れて、縦に動かすとうまくいきます。

矯正装置も汚れてくるので、ていねいに磨きましょう。横磨きでキレイになります。奥歯や歯の裏側も忘れずに奥歯は横磨きをします。上の歯の裏側は下に向けてかき出します。下の歯の裏側は上に向かってかき出します。通常の歯ブラシに加え、歯閤ブラシ、 インタースペースブラシ、デンタルフ ロスなどから使いやすいものを選ぶ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*